看護計画(扁桃摘出術)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,891
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    看護計画(扁桃摘出術)
    問題点 具体策 #1
    抜管後出血の可能性がある。
    #2
    術野が口腔内のためチューブトラブルをおこす可能性がある。
    術後、口腔内に貯留した出血を飲み込まないように術前に説明しておく。(血液が胃内に貯留すると吐き気を助長するため。)
    抜管後、痛みとともに血圧の変動が考えられるので観察する。(痛みは自制内なのか、どの程度なのか確認して病棟に申し送る。疼痛緩和目的のためロピオンを使用することがあるので、使用した場合は時間、量を申し送る。)
    吸引をいつでも使用できるように確実に準備しておく。
    チューブの固定が確実にされているかどうか確認する。
    チューブを固定した長さを確認し

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    標準看護計画(扁桃摘出術)
    問題点 具体策 #1
    抜管後出血の可能性がある。
    #2
    術野が口腔内のためチューブトラブルをおこす可能性がある。
    術後、口腔内に貯留した出血を飲み込まないように術前に説明しておく。(血液が胃内に貯留すると吐き気を助長するため。)
    抜管後、痛みとともに血圧の変動が考えられるので観察する。(痛みは自制内なのか、どの程度なのか確認して病棟に申し送る。疼痛緩和目的のためロピオンを使用することがあるので、使用した場合は時間、量を申し送る。)
    吸引をいつでも使用できるように確実に準備しておく。
    チューブの固定が確実にされているかどうか確認する。
    チューブを固定した長さを確認し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。