排尿パターンの変調 尿閉

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数975
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    排尿パターンの変調(膀胱感覚の低下、自律神経系の神経障害を伴う):尿閉
    ※膀胱排尿筋の収縮力低下も関連する
    S
    ロ尿回数の減少,残尿感,尿意の有無尿閉、
    O
    □尿量,尿回数,腹部膨満尿閉、
    □尿検査,腹部超音波検査尿閉、
    □血糖値尿閉、
    アセスメント
    ・神経障害は高血糖を原因とする代謝障害と細小血管の閉塞による、循環障害が重なって起こりえるといわれる。
    ・神経は中枢神経と末梢神経に分けられるが,糖尿病の場合,末梢神経の知覚神経と自律神経の障害が強く現れる
    ・知覚神経と自律神経の障害により,膀胱感賞の低下や排尿筋の収縮力の低下が生じ神経因性膀胱障害が起こり排尿困難や尿閉を起こす可能性がある
    【目標】
    ・排尿障

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    膀胱感覚の低下と自律神経系の神経障害に伴う膀胱排尿筋の収縮力低下に関連した排尿パターンの変調:尿閉
    S
    ロ尿回数の減少,残尿感,尿意の有無尿閉、
    O
    □尿量,尿回数,腹部膨満尿閉、
    □尿検査,腹部超音波検査尿閉、
    □血糖値尿閉、
    アセスメント
    ・神経障害は高血糖に起因する代謝障害と細小血管閉塞による循環障害が相まって起きるといわれている。
    ・神経は中枢神経と末梢神経に分けられるが,糖尿病の場合,末梢神経の知覚神経と自律神経の障害が強く現れる
    ・知覚神経と自律神経の障害により,膀胱感賞の低下や排尿筋の収縮力の低下が生じ神経因性膀胱障害が起こり排尿困難や尿閉を起こす可能性がある
    【目標】
    ・排尿障..

    コメント1件

    osanm 非購入
    尿ヘイの看護を参考にさせてください
    2012/09/05 23:57 (4年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。