尿失禁について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数437
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    高齢者組織がん影響身体特徴神経看護看護学

    代表キーワード

    看護学尿失禁

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高齢者の尿失禁の特徴
    高齢者が尿失禁を起こしやすい背景には、疾患以外に以下のような特徴がある
    ADL ・ 身体状況 ・移動、歩行の状態
    老化に伴う身体諸機能の低下
    ①膀胱容量の減少
    ②神経反射の低下による尿意感覚の鈍麻
    ③膀胱排尿筋・尿道括約筋の緊張力などの排尿機能の低下
    ④運動機能や認知能力など、排尿行動に必要な身体諸機能の低下
    薬物服用の影響
    ①利尿薬は、尿量を増やし頻尿や切迫尿意をまねく
    ②降圧薬、抗不整脈薬、鎮静薬などは、膀胱や尿道の筋に作用して、膀胱内圧や尿道抵抗に影響を与える
    ③睡眠薬は、意識レベルを低下させ、トイレ覚醒が遅れ、さらに薬効で身体がふらつきトイレまで我慢できず失禁する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。