内服テスト

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数207
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    原因看護看護学

    代表キーワード

    看護学内服テスト

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    内服テスト
    目的
    薬疹における原因薬物の確認(薬剤が体内で代謝を受けアレルゲンとなる場合)
    対象
    薬疹が疑われる患者(薬疹に特有の発疹型はなく、一種のusetestに近いものである)
    禁忌
    MCOS型、TEN型、ショック型など生命に危険のある重症型。
    必要物品
    原因と思われる薬剤、救急薬品
    方法
    患者に説明し協力を得る。
    医師に薬品名、内服量、テスト日時を確認しておく。
    患者に内服薬を服用してもらう。
    内服後は一般状態、過敏反応を観察する。
    患者には、異常があれば直ちに医療者に知らせるよう説明する。
    内服後、24~48時間後に医師が判定する。
    注意事項
    テストに使用..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。