内視鏡的逆行性膵胆管造影

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数563
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    内視鏡的逆行性膵胆管造影 (ERCP)(第二内科)
    検査の目的、適応は光学医療診療部のERCPを参照
    検査前
    検査当日は絶飲食とする。
    右上肢に血管確保を行い、ソリタT3500ml+ガスター1Aで開始する。12時からFOY(100mg)3A+5%ブドウ糖500mlを12時間で開始する。
    検査前に排便、排尿をすませて検査衣に着替える。車椅子で中放にでる。
    車椅子は、病棟へ持ち帰る。
    持参品
    0.05%アトクイック1A、ブスコパン(またはグルカゴン)2A、ホリゾン(10mg)1A、
    ペンタジン(15mg)1A、アミカシン(100mg)2V、生食(20ml)2A
    入院カルテ、レントゲン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。