内視鏡的逆行性膵胆管造3

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数492
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    内視鏡的逆行性膵胆管造影 (ERCP:endoscopic retrograde cholangio pancreatography)
    目的
    十二指腸ファイバースコープを用いて、膵胆管の開口部である十二指腸乳頭にポリエチレン製カニューレを挿入し、胆管及び膵管に造影剤を注入し、透視下に膵胆管を造影する。X線造影を行うことにより、形態学的に描写し、膵疾患(膵癌、膵炎)、胆道疾患(閉塞性黄疸、胆石症)の診断に用いる。
    対象
    上記疾患を疑われる人。
    予測される危険性及び合併症
    ショック、出血、十二指腸穿孔、急性膵炎、急性化膿性胆管炎
    必要物品
    入院カルテ、X-P、IDカード、指示薬品:5..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。