基礎援助技術 膀胱留置カテーテルの観察・管理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数7,912
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    目的
    必要物品
    手順方法
    留意点
    根拠

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    膀胱留置カテーテルの管理
    目的:膀胱に貯留した尿を持続的に排出させることを目的とする
    必要物品:
    手順・方法 留意点 根拠 1 留置1時間後には尿の性状、量などまた、流出状態などを観察する
    2 カテーテルの接続部位が外れないように注意する
    3 カテーテルがよじれたり閉塞したりしないようにする。身体への巻き込みやカテーテルの屈曲に注意する
    4 一日一定時刻に尿をバッグから廃棄し、量を測定する
    5 蓄尿バッグを傾けるとフィルターを汚染することがある、その場合速やかに蓄尿バッグを新しいものと交換する
    6 性状、量などは毎日観察する。必要時比重を観察する
    7 陰部洗浄を毎日行い(持続的導尿)カテー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。