貼付試験(パッチテスト)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,134
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    貼付試験(パッチテスト)
    目的 
    アレルギー性皮膚炎や接触皮膚炎、薬疹等の原因物質の検索を行う。
    適応
    アレルギー性皮膚疾患患者
    禁忌 
    皮膚炎が広範囲かつ急性期にある場合は行わない。
    必要物品
    被検物貼付試験用基剤、パッチテスト用絆創膏、軟膏ベら、又は注射器、綿棒、アルコール綿、絆創膏、ハサミ、マジック
    方法
    患者に説明し協力を得る。
    被検物を軟膏べらで取り、(液は1滴、軟膏は少量)パッチ絆に滴下、塗布する。対照として基剤のみも貼付する。
    背部、又は前腕部、上腕部に貼付する。
    原則として48時間後に判定するが、72時間後も判定する場合もある。
    注意事項
    正確を期するた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。