直腸温測定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,473
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    測定時間睡眠自分看護看護学

    代表キーワード

    看護学直腸温測定

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    直腸温測定
    目的
    体温は日中上昇し夜間に低下する24時間の概日リズムを有し、連続測定も容易であることから、睡眠相後退症候群の診断に用いられる。
    必要物品
    携帯用長時間直腸温測定装置、センサー、潤滑油(ワセリン)、判創膏、アルコール綿
    方法
    患者に直腸温測定の意義を説明し、承諾を得る(医師)。
    センサーの先端に潤滑油を塗布し、側臥位で10~15cm挿肛する。両膝を腹部に近づけるようにし、息を吐きながら肛門をゆるめてもらうと挿入しやすい。自分で挿入してもらう場合は、センサーの10~15cmのところにテープで印をつけておく。センサーは抜けないように、尾てい骨に判創膏で固定する。
    測定装置..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。