中毒性紅斑の簡単な説明

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,676
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    特徴看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料紹介

    中毒性紅斑(膿疱に好酸球が多いのが特徴)
    皮膚以外に全く異常がない場合(発熱、活気~

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中毒性紅斑(膿疱に好酸球が多いのが特徴)
    皮膚以外に全く異常がない場合(発熱、活気、食欲、ご機嫌、皮膚の色つや)には、発疹の特徴をよく観察します。40~60%の赤ちゃんに何らかの紅斑が出るといわれている。
    中毒性紅斑は中央に黄色の膿疱様丘疹があるので、皮膚の感染と間遠えられますが、全く心配のないものです。そのまま放置しても2~3日で消えていきます。
    小児期、特に新生児に見られる、生理現象に近い皮膚の疾患(変化)のまとめである

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。