中心静脈圧測定(CVP)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数46,106
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    測定影響目的予防呼吸感染心臓看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中心静脈圧測定(CVP)
    目的
    右心系の機能を把握する。
    ショック時の患者の状態や治療に対する反応を把握する。
    循環血液量と心臓の状態の関係を把握する。
    うっ血性心不全の状態を知る。
    必要物品
    圧トランスデューサー、三方活栓、加圧バック、ソルラクト、エクステンションチューブ
    測定方法
    測定ルート(中心静脈ライン、スワンガンツカテーテル、IVHラインなど)に、圧トランスデューサーを接続し平均圧を測定する。
    患者に目的、手順などを説明し水平位をとる。
    CVPカテーテル挿入部位を確認する。(鎖骨下静脈、内頚静脈、外頚静脈、肘部正中静脈、大伏在静脈)
    輸液に点滴セット、三方活栓、エク..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。