唾液腺造影法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,299
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護看護実習医療医・薬学医学看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    唾液腺造影法
    目的
    唾液腺の形態変化、腺機能を観察する
    唾石の存在の診断
    必要物品
    舌圧子、涙管ブジー、膿盆、吸引しかん、造影セット、造影剤(イソビスト300)
    常綿(脱脂綿ではなく油ぬきしていない綿)で作成した綿球
    方法
    診察台に座り、座位のまま大きく口を開け、顎を引く姿勢をとる。
    膿盆を顎の下に置く。
    唾液腺部位に涙管ブジーを挿入し、入口部に造影剤2mLを注入する。
    注入した造影剤が漏れ出てしまうのを予防するため、綿球を軽くかませ、X線撮影室に誘導する。
    看護のポイント
    撮影終了後は、造影剤の排出を促すため、酸っぱいものを食べたり、ガムをかんだり、唾液腺に沿ってしごくよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。