創傷処置を受けている患者の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数4,783
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    心理援助看護精神身体自己イメージ時間観察看護学

    代表キーワード

    看護

    資料紹介

    創傷処置を受けている患者の看護
    創傷処置を受けている患者の看護の目標として以下の4つがある。
    (1)創傷の治癒を促進する。
    (2)創傷の感染を予防する。
    (3)創傷処置を受けている患者の身体的安楽をはかる。
    (4)患者の精神面への援助を行う。
    援助の項目
    (1)創傷部位を細かく観察する。
    ①創傷からの出血の有無
    ②創感染や炎症の有無:創感染のしるしとしての症状があるかどうか。たとえば強い傷の痛み,傷のまわりの発赤,はれ,発熱の有無など。
    ③創傷部に関連した部位の機能制限はないかどうか。
    ④創傷部からの排液の有無とその性状。
    (2)創傷処置を適切に行う。
    ①創傷処置法の原則と方法を熟知する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    創傷処置を受けている患者の看護
    創傷処置を受けている患者の看護の目標と.して以下の4つがある。
    (1)創傷の治癒を促進する。
    (2)創傷の感染を予防する。
    (3)創傷処置を受けている患者の身体的安楽をはかる。
    (4)患者の精神面への援助を行う。
    援助の項目
    (1)創傷部位を細かく観察する。
    ①創傷からの出血の有無
    ②創感染や炎症の有無:創感染のしるLとしての症状があるかどうか。たとえば強い傷の痛み,傷のまわりの発赤,はれ,発熱の有無など。
    ③創傷部に関連した部位の機能制限はないかどうか。
    ④創傷部からの排液の有無とその性状。
    (2)創傷処置を適切に行う。
    ①創傷処置法の原則と方法を熟知する。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。