精神科における注意事項

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,836
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会家族評価指導看護自殺精神責任管理目標看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神科における注意事項
    目的
    危険物による自傷・他害を防ぎ、患者の安全を図る
    鍵の徹底管理により、無断離院を防ぐ
    病状など場合によって面会・通信を制限することで、精神状態の安定やトラブル防止を図る
    外出・外泊を社会復帰の前段階とする。
    適応
    精神疾患の急性期、入院時・外泊の初期・帰院時・面会時など
    主な内容
    1.危険物の管理
    入院時・帰院時・面会時には患者、家族の荷物点検を行う。また毎週一回(定期)・必要に応じて適宜、荷物点検を行う。
    危険物:カミソリ、はさみ、針、果物ナイフ、マッチ、ライター、ガラス、陶磁器類、風呂敷き、ベルト、ネクタイ、コード類、爪楊枝、ヘッドホン、鏡、スニーカーのひも、鞄のひも、ストッキング、ナイロンタオル、洗剤など
    2.鍵の管理
    施錠個所と鍵の場所を把握しておく。
    鍵の紛失時は上司に報告する。発見できない時は、勤務交代時に申し送り、患者の動向の観察と各出入り口、非常口のチェックを十分に行う。
    ドアの開閉時は患者の出入りがないよう十分注意し、出入りの都度必ず施錠し確認する。
    3.自殺について
    自殺を起こしやすい患者の特徴は、うつ病の重症・回復..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。