人権擁護 アボドカシー とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,564
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    人権保健精神保健精神看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料紹介

    人権擁護(アドボカシー)
     精神保健法(現在は精神保健福祉法)によって、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人権擁護(アドボカシー)
     精神保健法(現在は精神保健福祉法)によって、患者本人の同意に基づく任意入院が導入されるなど、入院形態の大幅な変更が行われた。現在、入院患者の60%以上が任意入院となっている。この他、
    ①入院時の手続き、入院形態、および信書・電話・面会の取り扱い、
    退院や処遇改善の請求等、患者の諸権利を記した書面による告知義務
    ②入院中の隔離室(保護室)の使用、拘束などの行動制限に関するもの
    ③精神保健指定医制度の新設
    など、患者の人権擁護に関する諸策が盛り込まれた。新たに法に示された各規定は、当然のこととして精神科医療に大きな影響を与えている。

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。