新生児輸液療法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,707
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護栄養予防目的チェック小児ルター観察循環看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    新生児輸液療法
    1.末梢輸液
    目的
    循環動態の安定
    体液バランスの保持
    栄養の補給
    薬剤投与
    対象または適応
    経腸栄養の確立まで
    定期的に静脈内への薬剤投与を必要とする場合
    2000g未満の低出生体重児
    合併症があり経口投与が不適当な児
    必要物品
    輸液セット、24Gオプティバ針、18Gディスポ針、三方括栓(2連式、L型)、
    5%ブドウ糖液、指示薬剤、注射器(20ml、50ml)、シーネ、駆血帯
    エクステンションチューブ3本、紙判創膏、アルコール綿、検血ガーゼ
    手順
    医師指示書で薬剤を確認し準備する。
    指示通り注射器を作成する。
    注射器にエクステンションチューブ、三方括栓(2連式)、エクステンションチューブ、三方括栓(L型)、エクステンションチューブの順につなぎ、液を満たしておき、シリンジポンプにセットする。
    ボトルに輸液セット(小児用)を取り付け、先端まで液を満たし、ルートの2連式三方括栓の所につなげ、滴下を確認できるようにする。(図1)
    刺入部を固定するものとルートを固定するものの2種類の紙判創膏を切って用意しておく。
    医師が血管確保したら、ルートの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。