心筋梗塞患者の看護 看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数8,732
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    心筋梗塞患者の看護
    < 看 護 >



    標 〈急性期〉
    ・致死的不整脈が早期に発見され、死に至らない。
    ・安静により心臓への負担が軽減し、残存機能を維持できる。
    ・合併症を起こさず順調に回復出来る。
    ・胸痛に伴う身体的苦痛、心理的苦悩が緩和する。
    〈慢性期〉
    ・心機能や運動機能が改善できる。
    ・リハビリテ-ションの必要性が理解でき、胸痛が起こることなく
     退院できる。
    ・早期社会復帰できる。






    ト 〈急性期〉
    ・不整脈、心原性ショック、心不全などの合併症の早期発見
    ・胸痛緩和、梗塞拡大防止
    ・安静保持
    ・不安の軽減
    〈慢性期〉
    ・リハビリテ-ションが円滑に出来るように援助する。
    ・社会復帰に向けて生活指導する。           O           T       E   備    考 〈急性期〉
    1)心電図モニタ-波形  異常波形の有無
       :ST上昇、異常Q波、冠性T波
      不整脈の有無、程度(PVC)
       :多源性、連発性、RonT型、
        一過性か持続性か
    2)自覚症状
      胸痛(

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                              心筋梗塞患者の看護
    < 看 護 >



    標 〈急性期〉
    ・致死的不整脈が早期に発見され、死に至らない。
    ・安静により心臓への負担が軽減し、残存機能を維持できる。
    ・合併症を起こさず順調に回復出来る。
    ・胸痛に伴う身体的苦痛、心理的苦悩が緩和する。
    〈慢性期〉
    ・心機能や運動機能が改善できる。
    ・リハビリテ-ションの必要性が理解でき、胸痛が起こることなく
     退院できる。
    ・早期社会復帰できる。






    ト 〈急性期〉
    ・不整脈、心原性ショック、心不全などの合併症の早期発見
    ・胸痛緩和、梗塞拡大防止
    ・安静保持
    ・不安の軽減
    〈慢性期〉
    ・リハビリテ-ションが円滑に出来るように援助する。
    ・社会復帰に向けて生活指導する。           O           T       E   備    考 〈急性期〉
    1)心電図モニタ-波形  異常波形の有無
       :ST上昇、異常Q波、冠性T波
      不整脈の有無、程度(PVC)
       :多源性、連発性、RonT型、
        一過性か持続性か
    2)自覚症状
      胸痛(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。