上部消化管内視境検査

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数784
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    上部消化管内視境検査
    目的
    食道、胃、十二指腸の直視下観察、撮影、生検による診断及びその程度を知る
    適応
    上部消化管に病変の存在が疑われる症例すべて
    禁忌
    重篤な心疾患、呼吸機能障害のある患者
    腐食性食道炎などの高度の消化管炎症を有する患者
    高度の咽頭部疾患患者
    全身衰弱が著しい患者
    合併症
    1.前処置によるもの
    咽頭麻酔時のキシロカインショック
    自律神経遮断薬による口渇、動悸、排尿障害、視力障害など
    2.検査に伴うもの
    消化管損傷、穿孔
    生検、ポリペクトミーなどによる出血
    過換気症候群
    誤飲性肺炎
    必要物品
    ガスコンドロップ、キシロカインビスカス、8%キシロカインスプレー、膿盆、防水紙、吸痰チューブ、吸引器、カメラ、フィルム、ネームペン、内視鏡、レンズクリーナー、キシロカインゼリー、マウスピース、絆創膏、送水タンク、ゴム手袋、ガーゼ、ティッシュペーパー、2ml注射器1本、5ml注射器1本、20ml注射器1本、医師の指示による前投薬(ブスコパン、硫酸アトロピン、グルカゴンG、ホリゾン、ドルミカム等)、救急薬品、救急セット
    方法
    1.事前の準備
    検査前日の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。