硬膜外麻酔患者の看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数4,897
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護血圧神経チェック呼吸看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    硬膜外麻酔患者の看護                             1ページ
    問題点 具体策 備考 #1
    誤ってクモ膜下腔に局所麻酔薬が注入される事で全脊椎麻酔となる可能性がある
    #2
    交感神経遮断による血圧低下・除脈が生じる可能性がある
    #3
    麻酔効果によって、術後、一過性に下肢のしびれや可動困難が生じる可能性がある
    局麻注入後、下肢のしびれ・可動の有無を確認
    バイタルサインチェック
    血圧・心拍数変動チェック
    覚醒後、下肢の可動・しびれの有無確認
    しびれや可動困難が生じた場合は、麻酔科医に報告し、指示をあおぐ
    上記の事を病棟看護師に申し送り、観察や体位変換を依頼する
    原因や対応を患..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。