経皮的冠動脈形成術

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数825
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    時間治療血圧方法観察予防神経感染食事看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経皮的冠動脈形成術 (PTCA:percutaneous transluminal coronary angioplasty)
    目的
    狭窄の強い冠動脈にバルーン付きカテーテルを挿入し、狭窄部分でバルーンを膨らませ、動脈内腔のアテローム(粥状動脈硬化)を破壊して狭窄部分を拡大させる。
    対象
    狭心症、心筋梗塞などの冠動脈閉塞疾患の患者
    禁忌
    ヨード過敏症、出血性素因、重症の肝、腎疾患
    非代償性心不全
    精神病患者や本人の協力が得られない患者
    重症感染症患者
    高齢者 上記の場合はリスクが高い
    予測される危険性または合併症
    心筋梗塞(急性冠閉塞)
    動脈塞栓症:形成された血栓が、下肢塞栓症、脳梗塞などを引き起こす可能性がある
    心臓の穿孔:心腔内でカテーテル操作中に先端を心筋に押し込んでしまうような場合に起こる。 心タンポナーデによる胸痛、背部痛、頻脈、血圧低下、心拍出量低下、心停止などを生じる。
    不整脈:心房細動、心室細動、心室頻拍、房室ブロック、徐脈など、カテーテルの心房、心室、刺激伝導系への刺激のために起こる。
    ショック:出血、薬剤アレルギー(造影剤、抗生剤、麻酔剤)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。