経皮的エタノール注入療法(PEIT)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数6,524
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    治療方法IT観察細胞エコ看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経皮的エタノール注入療法(PEIT)
    目的
    超音波下で肝細胞癌に穿刺した針から純エタノールを注入し、肝癌組織を固定、壊死に陥らせる治療法。一般的には直径2~3cm以下の小型肝細胞癌で、3個以下の小数である場合に適応とされているが、最近では適応拡大傾向にあり、超音波で病変が描出される限り肝臓内のいずれに存在しても施行可能となっている。また、術後の肝機能の変化は一過性で軽度であるため、肝機能障害の進んだ症例にも施行可能である。
    禁忌
    コントロール不能な腹水や著明な出血傾向がある。
    副作用
    エタノール注入時の一過性の疼痛、発熱がある。
    合併症
    腹腔内出血、胸腔内出血、肝梗塞、非癌部の壊..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。