経皮経肝胆道造影

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,335
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    測定血圧観察感染呼吸エコ看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経皮経肝胆道造影
    (PTC:percutaneous transhepatic cholangiography)
    経皮的胆道ドレナージ
    (PTC-D:percutaneous transhepatic cholangio)
     
    目的
     
    胆管を直接穿刺して、造影剤を注入することにより腫瘍や結石等による胆道閉鎖の部位、性質を調べる。胆道系の細菌感染、肝内腫瘍の状態を調べる。胆道ドレナージ術の場合は黄疸の軽減。
     
    適応
     
    PTCの場合
     
    1.閉塞性黄疸症例の精査、PTCDへの応用
    2.胆道精査、特に胆道系手術例の術前検査
    3.重症胆道感染病態精査
     
    PTCDの場合
     
    1.黄疸の鑑別診断
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。