胸腔ドレナ-ジ(ハイムリッヒバルブの場合)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数6,329
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    方法呼吸看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    胸腔ドレナ-ジ(ハイムリッヒバルブの場合)
    目的
    胸腔内容物(空気=気胸)を排除し虚脱した肺の再膨張を促す。
    禁忌
    片肺全摘手術後患者
    必要物品
    ハイムリッヒバルブ、縫合セット、メス、滅菌ゴム手袋、局所麻酔薬(1%キシロカイン)、注射器10ml、18G針、カテラン針22G、ガーゼ、Yガーゼ、鑷子、消毒薬(イソジン・ハイポアルコール)、デッキ(大・穴あき)、ケアシーツ、固定用布絆創膏、メフィクス、縫合糸(1号糸)
    方法
    トロッカーカテーテル挿入の方法に準ずる。
    ハイムリッヒバルブは胸腔内圧の増減により、バルブが開閉し、脱気される。吸引が必要な患者の場合には低圧持続吸引器に接続する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。