急変時の看護指導案原案 プリセプター、看護実習で使用

540 販売中
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数9,252
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    急変時の看護指導案(原案)
    大目標:急変時の対応が理解でき、実践できる。
    中目標:急変時の処置(急変から蘇生)をスムーズに実施できる。
    行動目標:
    急変時の観察事項が述べられる。
    急変時の観察事項の根拠が理解できる。
    気道確保ができる。
    モニター装着が出来る。
    救急カートの準備が出来る。
    血管確保をする根拠が理解できる。
    血管確保の準備が出来、実施できる。
    酸素の準備が出来る。
    アンビューの準備が出来、実施できる。
    心臓マッサージの準備が出来、実施できる。
    (重症記録の準備ができ)時間を確認し記録が出来る。
    急変時に当直医または担当医に連絡をとることができる。
    当直医または担当医に状況報告がで

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    急変時の看護指導案(原案)
    大目標:急変時の対応が理解でき、実践できる。
    中目標:急変時の処置(急変から蘇生)をスムーズに実施できる。
    行動目標:
    急変時の観察事項が述べられる。
    急変時の観察事項の根拠が理解できる。
    気道確保ができる。
    モニター装着が出来る。
    救急カートの準備が出来る。
    血管確保をする根拠が理解できる。
    血管確保の準備が出来、実施できる。
    酸素の準備が出来る。
    アンビューの準備が出来、実施できる。
    心臓マッサージの準備が出来、実施できる。
    (重症記録の準備ができ)時間を確認し記録が出来る。
    急変時に当直医または担当医に連絡をとることができる。
    当直医または担当医に状況報告がで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。
    広告