急性胃腸炎の患児の看護 看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数5,519
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    急性胃腸炎患児の看護
    < 看 護 >




    適切な水分量が維持できる。
    適切な栄養摂取が維持できる。
    両親が在宅ケアの指導内容について、理解したと表現できる。
    看護のポイント まず、どうすれば脱水を予防できるか、すでに、脱水状態にあるものの補液をどのように行うのか、どの程度の食事制限を行うのか、下痢の原因が伝播性のものかどうか、一般状態の不良にどう対処するのか、が中心となる。
             O
             T
         E   
      備   考 1)嘔気、嘔吐の有無。
      下痢の回数、量、性状。粘血便の有無。
      腹痛の有無。部位。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                   急性胃腸炎患児の看護
    < 看 護 >




    適切な水分量が維持できる。
    適切な栄養摂取が維持できる。
    両親が在宅ケアの指導内容について、理解したと表現できる。
    看護のポイント まず、どうすれば脱水を予防できるか、すでに、脱水状態にあるものの補液をどのように行うのか、どの程度の食事制限を行うのか、下痢の原因が伝播性のものかどうか、一般状態の不良にどう対処するのか、が中心となる。
             O
             T
         E   
      備   考 1)嘔気、嘔吐の有無。
      下痢の回数、量、性状。粘血便の有無。
      腹痛の有無。部位。
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。