気管内挿管

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数6,316
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    幼児障害ロック方法合併管理呼吸タイ乳幼児目的看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    気管内挿管
    目的
    気管内挿管は最も有効な気道確保の方法で、換気や気道内分泌物吸引が確実に行なえるので救急蘇生時や呼吸管理に用いられる。
    適応
    心肺蘇生時の気道の確保
    意識障害に伴う舌根沈下、誤嚥の防止など、長時間の気道確保が必要な時
    気道内分泌物や出血が多量で自力で排泄が困難な時
    人工呼吸管理を必要とする呼吸不全の管理
    気管内挿管には経口的気管内挿管、経鼻的気管内挿管があり、挿管時の患者の状態や予測される挿管期間などを考慮して挿管方法が選択される。
    経口的気管内挿管
    最も迅速に気管内挿管が可能。心肺停止など自発呼吸消失時は第一選択となる。鼻腔を介さないので太いチューブが使え、気管内吸引が容易であるという利点がある。頭蓋底骨折が疑われる症例では経鼻挿管により髄膜炎を合併する危険があり経口挿管を行なう。欠点としては患者にとって最も不快な挿管方法である点である。また唾液の分泌が増加するとともに、口腔内ケアが困難、チューブの固定性もよくない。
    経鼻的気管内挿管
    開口制限や頭部後屈が不能な患者の気道確保に施行する。経口挿管より患者の苦痛が軽減される。口腔内の衛生を維持するのも容易..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。