肝硬変患者の看護 看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数7,777
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    肝硬変疾患患者の看護
     < 看 護 >



    標 〈代償期〉
    ・セルフコントロ-ルの必要性を理解し、規則正しい生活がおくれる。
    〈非代償期〉
    ・症状のコントロ-ルができ、重症に移行しない。
    ・重症化に伴って出現する身体的な苦痛が軽減する。
    ・生命の危機に対する不安が軽減する。
    ・意識障害のために起こる危険が防止される。






    ト 〈代償期〉
    ・活動や食事が制限される中で患者のニ-ドが満たされるよう援助する
    〈非代償期〉
    ・症状に伴う心身の苦痛の緩和
    ・急激な症状の変化に対して観察を経時的に行ない、重症化への危険性の
     有無を知る
    ・重症化に伴い生じる患者・家族の死への不安を軽減する
    ・転倒・転落事故、誤薬などの危険防止           O           T       E   備    考 〈代償期〉
    1)随伴症状
    (1)全身倦怠感、体重減少、発熱、脱水症状の
       有無
    (2)皮膚症状:黄疸、クモ状血管拡張、手掌紅
       斑、女性化乳房、掻痒感、皮下出血斑など
       の有無
    2)検査所見
    (1)血液検査:血液一

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

         
                 肝硬変疾患患者の看護
     < 看 護 >



    標 〈代償期〉
    ・セルフコントロ-ルの必要性を理解し、規則正しい生活がおくれる。
    〈非代償期〉
    ・症状のコントロ-ルができ、重症に移行しない。
    ・重症化に伴って出現する身体的な苦痛が軽減する。
    ・生命の危機に対する不安が軽減する。
    ・意識障害のために起こる危険が防止される。






    ト 〈代償期〉
    ・活動や食事が制限される中で患者のニ-ドが満たされるよう援助する
    〈非代償期〉
    ・症状に伴う心身の苦痛の緩和
    ・急激な症状の変化に対して観察を経時的に行ない、重症化への危険性の
     有無を知る
    ・重症化に伴い生じる患者・家族の死への不安を軽減する
    ・転倒・転落事故、誤薬などの危険防止           O           T       E   備    考 〈代償期〉
    1)随伴症状
    (1)全身倦怠感、体重減少、発熱、脱水症状の
       有無
    (2)皮膚症状:黄疸、クモ状血管拡張、手掌紅
       斑、女性化乳房、掻痒感、皮下出血斑など
       の有無
    2)検査所見
    (1)血液検査:血液一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。