肝癌患者の看護 看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数10,507
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    肝癌患者の看護
    < 看 護 >



    標 ・肝不全の兆候が早期に発見され、肝不全に対する対処が受けられる。
    ・食欲不振、発熱、全身倦怠感などの全身症状を伴う苦痛が軽減できる
    ・治療および予後に対し、心身共に安定した状態で入院生活を送ること
     ができる。
    ・疼痛コントロールができ安楽な日常生活を送ることができる。 看





    ト ・合併症の予防
    ・心身の苦痛の緩和
    ・疼痛コントロール           O           T       E   備    考 1、肝機能障害による症状の有無と程度
     ①食欲不振、体重減少
    ②肝硬変症状
      →全身倦怠感、腹部膨満感、浮腫、腹水、
       腹痛、発熱、黄疸
     ③門脈圧亢進による症状
      →胸・腹壁静脈怒張、脾腫、痔核
     ④腫瘍随伴症状
      →腫瘤触知、低血糖・高血糖、疼痛
     ⑤肝性脳症
      →記名力の低下、睡眠逆転、反応性の低下、
       はばたき振戦、昏睡
     ⑥出血傾向の所見
      →粘膜・皮膚の点状出血、下血、吐血
    2、肝不全兆候の出現状況と程度
      →浮腫、黄

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                                  肝癌患者の看護
    < 看 護 >



    標 ・肝不全の兆候が早期に発見され、肝不全に対する対処が受けられる。
    ・食欲不振、発熱、全身倦怠感などの全身症状を伴う苦痛が軽減できる
    ・治療および予後に対し、心身共に安定した状態で入院生活を送ること
     ができる。
    ・疼痛コントロールができ安楽な日常生活を送ることができる。 看





    ト ・合併症の予防
    ・心身の苦痛の緩和
    ・疼痛コントロール           O           T       E   備    考 1、肝機能障害による症状の有無と程度
     ①食欲不振、体重減少
    ②肝硬変症状
      →全身倦怠感、腹部膨満感、浮腫、腹水、
       腹痛、発熱、黄疸
     ③門脈圧亢進による症状
      →胸・腹壁静脈怒張、脾腫、痔核
     ④腫瘍随伴症状
      →腫瘤触知、低血糖・高血糖、疼痛
     ⑤肝性脳症
      →記名力の低下、睡眠逆転、反応性の低下、
       はばたき振戦、昏睡
     ⑥出血傾向の所見
      →粘膜・皮膚の点状出血、下血、吐血
    2、肝不全兆候の出現状況と程度
      →浮腫、黄..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。