感染症手術に関すること

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数434
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    医療感染感染症安全時間事故対策汚染廃棄物結核看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    感染症手術に関すること
    感染症をもつ患者の手術と麻酔にあたっては、交差感染すなわち手術患者の感染症が他の手術患者へ波及しないための対策と、全ての医療関係者が感染症患者から感染を受けないための対策、及び手術室からの感染性廃棄物の安全な廃棄の徹底が必要である。
    感染症として取り扱う疾患:
    HBV、HCV、HIV、MRSA、緑膿菌、結核菌、成人T細胞白血病、クロイツフェルトヤコブ病、ガス壊疽、梅毒、破傷風
    スタンダードプリコーション(SP)に基づき、全ての血液、体液は感染扱いとし、不明・未検のものも感染扱いとする。
    目的
    感染症が他の患者に波及しない。
    医療関係者が感染症患者から感染を受けない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。