加温加湿酸素吸入器とマルチベンチマスク

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数4,704
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    方法変化目的グリーン呼吸温度看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    加温加湿酸素吸入器とマルチベンチマスク
    加温加湿酸素吸入器
    目的
    末梢組織の低酸素状態の予防および改善
    適応
    全身麻酔による術後患者、呼吸器、心疾患患者
    必要物品
    本体(ネブライザー)、蛇管(直径22mm)長さ1.5m、15cm、加温棒、フェイスマスクorトラキマスクorTピース、滅菌蒸留水
    方法
    本体に滅菌蒸留水を入れる。
    本体を酸素配管に接続する。
    蛇管を本体に接続する。
    蛇管にマルチベンチマスクを接続する。
    気管内挿管をしている場合、蛇管の先にTピースを付け、気管チューブに接続する。
    指示された酸素量を流す。気管内挿管をしている患者には、たとえ高濃度の酸素が不必要な場合でも、加湿の目的で35~40%、3~4L/分で用いる。
    加湿時、ヒーターをヒーターアダプターの中に差し込む。
    ヒーターの電源を入れる。
    注意事項
    ヒーター使用中は、本体の滅菌蒸留水が150ml以下にならないよう、少なくとも3時間毎に水量を確認する。
    加温すると、多量の水滴が蛇管内に凝集しやすいので、時々接続部をはずして水をぬく。あるいはウォータートラップを使用する。
    使用中は、ヒータ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。