下部消化管内視境検査

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数404
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    観察看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    下部消化管内視境検査
    目的
    大腸の炎症、潰瘍、憩室、ポリープ、腫瘍の有無、粘膜の微細な凹凸、色調の変化や混濁、血管網の乱れの観察、撮影、出血の有無、生検のよる組織検査
    適応
    下部消化管に病変の存在が疑われる症例すべて
    必要物品
    大腸内視鏡、送水タンク、吸引器、カメラ、フィルム、スライディングチューブ、生検鉗子、ろ紙、キシロカインゼリー、レンズクリーナー、オリーブ油、10%ホルマリン液、ガーゼ、ゴム手袋、吸水ドレープ、検査衣上下、2ml注射器1本、20ml注射器1本、医師の指示による前投薬、救急薬品、救急セット
    方法
    1.事前の準備
    前処置の良否が内視鏡の挿入の難易や観察能を決定する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。