褥瘡について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,364
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    障害組織栄養知覚原因時間神経感染背景活動看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    褥瘡について
    加齢に伴う影響
    表皮増殖能の低下
    加齢に伴って表皮は薄くなり、角質層の増殖低下が生じ表皮の修復が障害される。
    表皮・真皮結合部の扁平化
    細胞性免疫は加齢に伴って低下し,低栄養・慢性疾患・入院によって悪化する。したがって局所の炎症反応が低下するので,切迫した皮膚の破壊の発見がおくれる。また,ストレスのもとでは損傷の危険が高くなる。
    創傷治癒能の低下
    老人の皮膚では損傷後の上皮形成が遅延し,創傷収縮の開始までの時間が延長し、創傷周辺の収縮速度が遅延する。
    微小循環機能の低下
    真皮の微小血管の加齢による変性によって,局所の血流低下,温度調節機能の低下,老廃物の排出機能の低下がおこる。その結果,無酸素性障害が生じやすくなり,褥瘡の初期変化である発赤や皮膚温の上昇が不鮮明になり,見逃しやすい。
    痛覚の低下
    老化による知覚の全般的な低下に伴い痛覚は低下する。鎮痛剤。鎮静剤の効果が加わると,痛みの訴えが少ない。糖尿病の知覚障害の合併も痛みの訴えが少ないので,褥瘡の発生は高率になる。
    コミュニケーション手段
    痛みなどを看護師に伝えられる
    低栄養
    食欲不振などによる食事摂取量の低下のために..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。