沐浴の観察ポイント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数5,095
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護看護実習医療医・薬学医学看護学

    代表キーワード

    看護

    資料紹介

    沐浴の観察ポイント
    (沐浴前)


    ★ 沐浴が不可な場合




    (沐浴後中、後)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    沐浴の観察ポイント
    (沐浴前)
    ・バイタルサイン ・活気 ・哺乳力 ・黄疸の程度
    ・嘔吐 ・便の性状 ・皮膚、臍部の状態
    ★ 沐浴が不可な場合
    ・37.5℃以上ある場合  ・鼻汁、かぜ症状がある時
    ・哺乳力がない時    ・皮膚に発疹がある時
    ・筋緊張がなく活気がない時
    ・下痢、便秘がある時
    (沐浴後中、後)
    ・児のふるえ、動き(活発か元気がないかどうか)
    ・臍処置部分からの分泌物など(乾燥、出血、発赤)
    ・チアノーゼの有無
    ・外傷の有無
    ・皮膚の状態
    ・一般状態(体温、呼吸、心拍など)
    ※ 沐浴の実施は別紙参照

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。