立位フロセミド負荷試験(ラシックス負荷)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数5,807
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    測定血圧看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    立位フロセミド負荷試験(ラシックス負荷)
    目的
    ラシックスによるボリウムの低下、立位から歩行による交感神経系刺激等にて、レニンの分泌を刺激して、腎、副腎病変の診断、治療、予後の指針となる。
    対象
    高血圧、アルドステロン症
    禁忌
    高齢者
    予測される危険性、または合併症
    脱水症状
    必要物品
    ラシックス(40mg)2錠、採血スピッツ、採血セット、血圧計
    方法
    検査前日午後9時から検査が終わるまで絶飲食とする。
    朝は絶食とする。
    安静時採血をする。第一内科は6時、第二内科は8時に行う。これが検査開始。
    採血後ラシックス錠を内服する。血圧を測定する。
    以後,座位か立位、歩行の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。