卵管通気、通水法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,257
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    卵管通気、通水法
    1.卵管通気法
    目的
    外子宮腔より炭酸ガスを注入すると、このガスが子宮腔、卵管を経て、卵管采より腹腔内へ流出する際に、特有の気泡音を発する。これを腹壁上より聴取することや記録にとり、その曲線により卵管の疎通性の状態を判定する。
    必要物品
    婦人科器械セット(桜井式腟鏡1、子宮ゾンデ1、マルチン単鉤鉗子1、摂子2)、イソジン綿球、腟綿球、記録装置、聴診器、注入器又は通気通水用バルン(8Frフォーリーカテーテル)、さばきガーゼ、生理食塩水又は蒸留水1ml、1ml注射器
    時期
    月経終了後2~3日頃より排卵期までの卵胞期に施行する。
    方法
    患者には排尿後、診察台で載石位をと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。