要因と母体に及ぼす影響

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,224
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    影響感染妊娠感染症看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子宮復古不全
    く症状の増悪に影響を与える因子>
    ①膀胱,直腸の充満
    ②悪露の停滞
    ②極端な安静や早期離床
    ④母乳授乳をしていないなど乳頭への刺激不足
    ⑤早期の就労や不摂生などによる疲労
    ⑥産褥感染母体に及ぼす影響
    母体に及ぼす影響
    ①悪露の停滞から産褥熱を併発する可能性があり、全身状態の悪化(産褥熱参照)
    ②子宮からの大量出血をみる可能性
    産褥熱
    母体に及ぼす影響
    ①病変の進行に従い重症化し,全身状態が強く侵される。
    敗血症になるとショックやDIC(播種血管内血液凝固)を併発し,予後不良
    ②心理的な不安
    ③重症では授乳中止
    産褥尿路感染症
    膀胱炎
    <症状の増悪に影響を与える因子>
    ①尿閉,膀胱..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。