予防接種

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数303
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    γ 一 般的注意事項
    ① 不活化ワクチン接種後 24時間、生ワクチン接種後3週間は、副反応の出
    現に注意する。
    ② 予 防接種当日の入浴は、従来避けるようにとされていたが、機種後1時間
    以上経過すれば入浴は差し支えないと考えられるようになった。
    ③ ワ クチン接種後 24時間、および生ワクチンによる副作用が出現したとき
    は、過激な運動は避ける。
    ④ 接種季節に関する規定は廃止され、各地域の気温や疾病の流行状況をみて
    適切な時期に予防接種が行えるようになつた。
    γ 予防接種を受けるにあたって注意すべき事項
    ・ 接 種不適当者
    ① 明 らかに発熱のある者 (37.5℃以上)
    ② 重 篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
    ③ そ の疾病の予防接種の機種液の成分によって、アナフイラキシーを呈した
    ことが明らかな者
    ④ ポ リオ・麻疹 ・風疹の予防接種の対象者について、妊娠していることが明
    らかである者
    ⑤ そ の他、予防機種を行うことが不適当な状態にある者
    ・ 接 種要注意者
    ① 心 臓系統疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、および発育障害などの基
    礎疾患を有することが明らかな者
    ② 前..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。