小児看護レポート 遊びの意義と発達について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数5,209
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    遊びの発達
    「遊びとは、行動やそれ自体が目的であり、自己充足的な喜びをもたらすもの」としている.
    ここでは成長、発達をする子どもにとっての遊びの意義と遊びの発達について考える。
    遊びの意義
    ①身体や運動機能の発達を促す
    乳児は,寝返りができるようになると何度も寝返りをし,這うことができるようになるとしきりに這う。また,つかまり立ちができるようになるとしきりに立とうとする。
    乳児にとって,これらは遊びであるとともに,身体や運動機能の発達を支え促すものである。
    幼児期になると、さらに発達段階に応じた運動的遊びが盛んになり、その結果、筋力,持久力,瞬発力などの運動能力とともに健康な身体が養われる
    ②..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。