輸血時の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数7,922
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    輸血時の看護
    目的
    循環血液量の補充、確保
    組織への血液酸素運搬能力の改善
    血液成分の補充
    凝固因子の補充
    血漿蛋白の補充
    特殊な治療法としての交換輸血
    適応
    赤血球の補充が必要な患者。内科的には、白血病や再生不良性貧血、悪性腫瘍、膠原病、腎不全などに伴う貧血、抗癌剤投与が原因の骨髄抑制による貧血など。外科的には、手術における出血。
    血小板の減少または機能の異常により、重篤な出血ないし、出血の予測される患者。
    血液凝固因子の補充、循環血液量減少の改善と維持が必要な患者。
    必要物品
    輸血セット(製材と患者に適したもの)、血管確保用具一式(翼状針、留置針、ヘパリン生食入り注射器、酒精綿、駆血帯など)
    方法
    輸血指示
    PCオーダー97帳票出力を選択し、輸血使用予定者一覧をひらう。
    処置検査実施簿に2名以上で確認し、転記する。この際、患者名、血液型(ABO,Rh)、血液製剤名、必要単位、使用場所の確認をする。
    医師より、患者への説明と同意があったことの確認をする。(輸血承諾書、輸血説明書の確認)
    血液製剤受領(輸血部から病棟へ)
    時間内出庫分はすべて輸血部で照射し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。