放射性ヨード(I-131)治療時のヨード禁食について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,478
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    食品治療目的ホルモン看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    放射性ヨード(I-131)治療時のヨード禁食について
    目的
    ヨードはホルモン合成のため甲状腺に摂取される性質をもつ。放射性ヨード(I-131)も同様に甲状腺に取り込まれる。そのため食物のヨードを制限し、材料を断ち、さらに甲状腺ホルモンそのものも中止し、疾患に取り込まれるヨードが放射性ヨード(I-131)だけになるようにするために、ヨード禁食が必要となる。この状態で放射性ヨード(I-131)を服用すれば、効率よく薬が疾病に集中することになる。
    対象
    甲状腺癌術後の放射性ヨード(I-131)大量治療目的の患者
    注意事項
    入院時、ヨード禁食やチロナミン8甲状腺ホルモン)服用中止が守られている..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。