便秘について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,137
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境運動障害ストレス神経生活身体精神時間内容看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料紹介

    便秘について
    加齢に伴う影響
    加齢による摂食・消化・吸収機能の変化
    ・咀嚼力の低下
    ・唾液の分泌量の減少
    ・消化液の分泌量の減少
    ・腸蠕動運動の減弱
    により、便が硬化し便秘を引き起こしやすい。
    加齢による身体運動の減少、神経伝達の障害
    ・結腸への刺激の減少
    ・排便反射の低下
    ・排便時の不快感や疼痛
    ・腹筋力の低下
    ・怒責力の低下
    身体運動により腸を移動させ結腸を刺激して便意を生じる。
    しかし、高齢により運動量が減ると、動作緩慢にり結腸への刺激が減少、便意が生じにくくなる。便秘を引き起こす要因となる。
    ことに、脳血管障害などで神経の伝達が障害され便意が生じにくくなったり、腹筋力の低下によって怒責が不十分となり、便が直腸内に停滞し便秘となる。
    患者要因
    ・入院前の排便習慣
    ・現在の排便習慣
    ・現在の生活リズム
    ・患者の性格(我慢しやすい)
    (現在の生活リズムについての詳細)
    排便には,排便反射を有効に活用することがたいせつである。とくに,朝起きたときにおこる起立性大腸反射,食事をとることによっておこる胃結腸反射、直腸に便がたまることによっておこる直腸肛門

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    便秘について
    加齢に伴う影響
    加齢による摂食・消化・吸収機能の変化
    ・咀嚼力の低下
    ・唾液の分泌量の減少
    ・消化液の分泌量の減少
    ・腸蠕動運動の減弱
    により、便が硬化し便秘を引き起こしやすい。
    加齢による身体運動の減少、神経伝達の障害
    ・結腸への刺激の減少
    ・排便反射の低下
    ・排便時の不快感や疼痛
    ・腹筋力の低下
    ・怒責力の低下
    身体運動は、腸内容物を移動させることで結腸を刺激して便意を生じさせる。しかし、高齢になると運動量が減り、かつ動作も緩慢になるので、結腸への刺激が減少し、便意が生じにくくなる。それが便秘を引き起こす要因となる。
    ことに、脳血管障害などで神経の伝達が障害され便意が生じにくくなったり、腹筋力の低下によって怒責が不十分となり、便が直腸内に停滞し便秘となる。
    患者要因
    ・入院前の排便習慣
    ・現在の排便習慣
    ・現在の生活リズム
    ・患者の性格(我慢しやすい)
    (現在の生活リズムについての詳細)
    排便には,排便反射を有効に活用することがたいせつである。とくに,朝起きたときにおこる起立性大腸反射,食事をとることによっておこる胃結腸反射、直腸に便がたまることによっておこる直腸肛門..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。