発達に応じた遊びの変化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,374
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    発達遊び子供幼児運動自由生活変化役割看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発達に応じた遊びの変化
    <遊 び>
    乳児期から幼児期にかけて子どもの生活の中で遊びの占める位置は次第に大
    きくなつていく。ことに幼児にとっては遊びが生活の中心部分をなし、遊びは子
    供の生活そのものであり遊びのない生活は考えられない。幼児が遊びに没頭じ満
    足を得るということは、将来勉強や仕事に自分を打ち込むことの出来る素地を作
    るという意味でも大切なことである。
    遊びの発達についてはいくつかの立場から分類がなされている。
    (1)機 能的分類
    [感覚遊び]
    感覚を働かせることが楽しみを呼び起こすような遊びである。天丼から吊るさ
    れた風車を見たり、ガラガラの音を聞いて喜ぷというような遊ぴで、これは次の
    運動遊びとともに最も早くからあらわれる。はじめは見せてもらったり、聞かせ
    てもらつたりして喜んでいるが後に自分で振り動かして色の変化を見たり、音を
    聞いて喜ぶようになる。
    しかし感覚遊びはだいたい2歳 くらいまででその後は少なくなり他の遊びの方
    が多くなっている。
    [運動遊ぴ]
    手足や身体の運動が楽しみをもたらすような遊びである。これは早くから現れ、
    また長く続けられるものである。同じこの種類..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。