全身酔法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数458
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    組織安全意識方法呼吸時間神経管理循環薬物看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    麻酔法
    麻酔の役割
    麻酔は手術に伴う痛みを取り除くためだけではなく、同時に患者が安全に手術を受け
    られるように全身管理をするために行う。
    痛みに対する感覚を全身的または局所的に、また一時的・可逆的に消失させて、患者
    の音痛を除去することである。これを全身的に行つて意識の消失を伴う場合を全身麻酔、
    局所的に行う場合を局所麻酔という。
    麻酔薬には、次の4つの条件のすべて、あるいは一部が備わっていなければならな
    い。
    (1)意識の消失
    (2)痛みの消失
    (3)有害反射の抑制
    (4)筋緊張の消失
    1つの薬物だけで上記の4つの条件をすべて達成することはできず、実際の麻酔では、
    それぞれの条件を満たすために、筋弛緩薬などの補助麻酔薬を同時に用いる。
    全身麻酔
    全身麻酔では、麻酔薬が中枢神経細胞に運ばれて意識の消失がおこる。麻酔薬の運
    ばれる経路によって、次のように分類する。
    (1)吸入麻酔:薬物は肺胞から血液ヘ
    (2)静脈麻酔:直接血液ヘ
    (3)筋肉内麻酔:筋肉組織から吸収されて血液ヘ
    全身麻酔は中枢神経の抑制の結果であるが、その抑制の程度は脳全体で一様では
    なく、抑制された部位に応じて麻酔の深度..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。