新生児看護全般

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数31
閲覧数4,134
ダウンロード数89
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境呼吸障害看護時間変化循環血圧抵抗胎児看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    新生児の看整
    生後 24時間以内の新生児の特性と看護
    1.1.呼吸 ・循聴系
    1.2.体温
    1.3.賠帯血流
    1.4.発育状態
    1.5.糖代謝
    1.6,消化器系
    1.7.泌尿器系
    1.8.免疫能
    1、9,分 娩障害
    1.10.新生児の精神反応
    生後 24時間以降の新生児の特性と看護
    2.1,生 理的費疸の診断と治療
    2,2.黄疸時の看護
    2,3.新生児の皮膚
    2.
    1.生 後24時間以内の新生児の特性と看護
    1.1.呼 吸 ・循環系
    1.1.1.生理 ・現象
    分娩直後…第一呼吸の開始
    呼吸は、分娩経過中、産道を通るときの圧迫による細胞液の排出や呼吸中枢
    の刺激、分娩直後の外界の環境刺激、気適確保のための適切なケアによつて開
    始し、肺サーファクタントにより機能的残器量を確保しながら呼吸が維持され
    る。
    空気の吸入により、肺血管床は拡大し、肺血管抵抗は低下する。それによっ
    て、心拍出量のほぼ全量を受け入れる。肺の血流量の増加により左房への肺静
    脈血液量が増し、左房圧が上昇して橋円孔が機能的に閉鎖される (出生後2~
    3分 )。動脈血酸素分圧の上昇に伴い動脈管が収縮し、ポタロー管は出生後 2..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。