小児の発達段階

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数1,589
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    精神神経乳児時間細胞感覚姿勢看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <新 生児期> 生 後4週 間 (28日未満)
    ◎ 体格 出 生平均体重 男 児…3.16kg。女児…3.05kg
    生後3~ 4日 頃、出生体重から3~ 10%減 少する (生理的体重減少)
    約フ~10日で出生体重に戻り以後急速に増加する。
    男児 女 児
    出生体重平均 49.9cm 49.Ocm
    出生頭囲平均 33.5cm 33.Ocm
    出生胸囲平均 32.2cm 32,Ocm
    ホ出世時は頭部が胸園より大きい
    体内水分 : 全 体水分量 80% 細 胞外液 40%
    細胞内液 40%
    ◎ 精神
    情緒 興 者のみ。すべての欲求を泣くことで表現。
    神経系 大 脳の機能が未熟である分、様々な反射が見られる
    ① 哺乳反射 ⑤ 垂直および水平プリ
    ② 把握反射 ⑥ 緊張性反射
    ③ ハビンスキー反射 ② モ田―反射
    ④ 自動歩行反射
    ◎ 栄養 新 生児期は特別な事情のない限り人口乳の補足はしない。授乳開始は
    母親と新生児との状態がある程度安定するのを待つてから行う。母親が
    分娩疲労から回復じ新生児の呼吸が確立し、また、出世後しばしば見ら
    れる羊水の嘔吐がおさまってから授乳する。
    出生後6~ 12時 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。