術直後の患者の受け入れ環境

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,160
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境情報電気家族看護目的安全生命測定影響看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    術直後の患者を受け入れる環境について
    手術直後は、生体内部では恒常性を保とうとして大きな変化がおこつている。一方、外
    部からは手術侵襲からの回復を助けるための治療が行われる。手術部位や術式によつ
    ては、バイタルサイン(生命徴候)が不安定なまま帰室する場合もある。患者は、創部痛、
    各種チューブ類の不快感や悪寒などを訴えることが多く、身体的にも精神的にも苦痛な
    状態にある。
    <手 術後の環境に対する援助>
    予定されている手術部位や術式、手術侵襲の程度、麻酔の種類などから手術後にお
    こる状況を予測し、安全=安楽であるように環境を整える。
    ① 手術後のベッドの準備
    手術創部からの出血や疹出液・吐物・排泄物による汚染に備えて、ビニール(ま
    たはゴム)シーツを用意し、横シーツで覆つてオープンベッドにする。また電気毛
    布であらかじめ保温し、手術後の循環・体温の変化に備える。手術侵襲の程度や
    手術終了時間によつては、病棟内の重症室にペッドを準備する。
    ② 必要物品の準備
    手術後の全身状態を予測して、観察および回復をたすけるために必要な器械口器
    具類を準備しておく。これらは目的に応じて選択する。
    手術後..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。