手洗い方法とガウンテクニック

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数6,746
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    生物方法微生物時間感染看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    手洗い方法とガウンテクニック
    手術室に入室する際は、まず身体に付着した微生物や塵挨を極力減少させるために、
    手術室専用の清潔な衣服口はきものにかえるか、またはシューズカパーをする。帽子・マ
    スクを着用するとともに、設備があればエアシャワーを浴びて手洗い場にはいる。
    手術衣を着用するときはガウンテクニックによる。
    手指の消毒
    手や腕の汚れ明旨肪を洗い落とし、体表に付着した微生物をゼロに近い状態とする。
    手術に伴う感染を防止するうえで、手術に要する時間の短縮と手指の消毒は最も基本
    となる。特に、残存する微生物の増殖を抑制し、患者を感染から守るために、手指の消
    毒は厳重に行わなければならない。手指に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。