産褥体操について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,032
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    妊娠姿勢循環看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    産褥体操 とは
    妊娠 ・分娩によつて弛緩 した筋肉や重心の移動に伴って変化 した姿勢を元
    に戻し、血液循環を促進 し、乳汁分泌を促進するなどの効果がある。
    開始時期
    分娩後 8~12時 間を経て、褥婦が分娩時の疲労から回復 したなら開始 し
    てよい。
    産褥体操の目的
    ① 妊娠 ・分娩のために伸びた腹壁筋肉や骨盤底筋肉の回復を速やかにする。
    ② 血液循環をよくし、 うつ血による血栓形成を予防する。
    ③ 悪露の排泄を促し、子宮収縮を良好にする。
    ④ 字L房への血液供給を盛んにして乳汁分泌を促す。
    ⑤ 分娩に使つた全身の筋肉の疼痛を和らげる。
    ⑥ 靭帯を強め、関節の屈曲性を増す。
    ⑦ 気分を爽快にす..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。