基本的欲求と基本的看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数2,117
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    心理社会健康看護自立人間生命影響生活栄養看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    基本的欲求
    (1)患 者の呼吸を助ける
    『看護』
    呼吸機能は生命を維持する上で重要なものである。それは肺胞の毛細血
    管を通して酸素と二酸化炭素を交換する拡散作用が細胞レベルで十分に行
    われているためである。看護師の重要な役割は、この細胞とガス交換に影
    響を与えているものはないか、また患者が正常に呼吸できているかを観察
    することにある。
    『個人 口人間』
    呼吸するといつたニードの充足は個々人によつて異なるがそれは、登山
    家やスポーツ選手のような強靭な肉体を持つた人から、重篤な状況下にあ
    り酸素吸入やエアウエイを挿入しなければニードを充足できない患者、喘
    息に悩まされた安楽な大意や姿勢をとらなくてはニードを充足できないと
    いった患者までさまざまだからである。
    『健康』
    ガス交換は正常な呼吸機能により営まれている。不十分なガス交換は呼
    吸器や循環器機能や心理面と密接な関係があることは明らかであり、この
    呼吸器のあり様によつては健康に悪影響を与えることがある。
    『自立』
    生活面では不適切な姿勢や体位、ストレスなどがガス交換の障害を引き
    起こしたりする。長期臥床状態の高齢者においては、曙疾による..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。