間接介助の役割 手術看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,051
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境情報電気看護安全変化役割記録方法理解看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問接介助の役割
    問接介助の看護師の役割は、手術環境を整えながら手術の進行に応じて患者様の
    変化を予測し、いち早くとらえることである。また、患者様の変化をとらえる為に、
    呼吸 コ循環 コ体温の面からも患者様の状態を観察するとともに、急激な変化にも対
    応できるように準備しておかなければならない。患者様の安全を守るだけでなく、
    身体的にも安楽な手術を遂行できるようにしていくことも必要である。
    与薬 口輸液の介助
    麻酔導入中に手術中の静脈ラインの確保が行われる。(権骨皮静脈)末 梢からの
    静脈ラインの確保が困難な場合は、中心静脈からのラインを確保することもある。
    手術中に使用する薬品は、使用前に薬物アンプルを医師とともに再度確認し、与薬
    方法が間違えることのないようにする。手術前に確保したラインは、手術後病棟に
    戻るまでの輸液のために利用されることが多いので、その固定には注意する。小児
    では、麻酔覚醒時に体動で抜けないようにシーネ固定などによって安全性を確保し
    ておく。
    輸血の介助
    手術中に輸血を行うか否かの判断は、手術前における生体の状態と手術中のその
    時の循環血液量、酸素運搬能力、血液凝固..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。